• Home
  • 二つ結び|長いものを風呂敷で包む

二つ結び|長いものを風呂敷で包む

心遣い

風呂敷は日本人の心遣いや気質が表れているアイテムと言えます。
様々な形のものを包んで運べる利便性はもちろんのこと、
色々な使い方ができる魅力があります。

荷物を運んだ後や、使わないときには小さくたたんで、
カバンなどで持ち歩くこともできます。

丈夫な風呂敷は長期的に遣う事ができるため、ものを大切にして
長く使う日本人の気質が良く表れた文化であるとも言えます。

利便性が高い

風呂敷の一番大きな魅力や特徴と言えば、様々な形や
特徴を持ったものを色々な方法で持ち運びがしやすいように
包むことができます。

ものには細長いものや丸いもの、大きなものから小さなもの、
柔らかい・硬いもの角張ったものなど様々な形や特徴があります。

それらのものがどれでも入るカバンを準備する事は難しいですが、
このアイテムを使えば、結び方を変えるだけでさまざまな形に
対応ができるのです。

絵柄や素材も様々な種類があり、お洒落にも美しくも使用できます。

一度結べば自然に解けてしまうことがなく、解きたい時には
簡単に解ける「真結び」と簡単に結べる「一つ結び」という、
この二つの基本的な結び方を踏まえた上でそれぞれの
形状の包み方を覚えると、非常に便利に使用することができるのです。

お土産にワインやお酒などを持っていく時には
細長いものや長いものを包む二つ結びを覚えることが必要です。

二つ結びの包み方としては、まず広げた風呂敷の中央に
横向きに荷物を置きます。

荷物の手前部分の布の端と、奥の布の端を上に持ち上げ
交差させて、箱の両端まで引っ張ります。

交差させて左右方向に引っ張った端を左端の布と
箱の上で「真結び」にします。

次に右側も同様に箱の上で「真結び」します。
結び目や全体のバランスを整えれば出来上がりです。