• Home
  • Archive by category "ハンカチ"

多くの人に喜んでもらえるアイテム

喜ばれるノベルティを用意しようとして苦労している事業者は少なくありません。印象に残りやすいものを残したいと考えるあまり、置き場所に困るようなグッズを提供してしまうケースもよく見受けられます。受け取った人は最初は喜んでも、次第に邪魔だと感じて処分してしまうことが一般的です。

それが企業や商品に対する悪いイメージにまで結びついてしまう可能性があります。そういったリスクを避けたいなら、ある程度は実用性があるものを準備する必要があるでしょう。

そこで問題になるのが人によって使用するアイテムは異なるという点です。この点を理解したうえで、できるだけ万人にとって利便性が高いものを用意するのが理想といえます。

そういう意味ではまさにハンカチは候補の筆頭にあげても構わないアイテムです。現代の日常生活に
おいて、ハンカチは必要不可欠と言っても構わないものだからです。

極端に使いづらいデザインものでなければ、使ってもらえないリスクは大きくありません。利便性が
高いと感じた人は、企業や商品にも好印象を抱きやすくなります。ハンカチは製造コストが高くないので、経費を削減したいという事業主の要望にも合致するでしょう。

喜ばれるノベルティ

オリジナリティを持たせて差別化

ハンカチがノベルティに適しているのは前述の通りですが、一つだけ制作時に注意しなければならない点が存在します。それは汎用的なアイテムであるがゆえに、独創性を持たせにくいということです。

つまり、どのような事業者が用意したとしても、何かしら似ているようなデザインになりがちなケースがよくあります。そうなるとせっかくプレゼントとして贈ったとしても、他社との差別化が難しくなるので警戒が必要です。言い換えると、オリジナルの要素を持たせることが必須の条件になってきます。

オリジナルハンカチ

オリジナルのハンカチを生み出す手段はいくつもありますが、やはりポイントになるのはデザイン性の高さでしょう。もちろん素材の選び方なども重要ですが、基本的に数種類しかないのでこの点で差別化を推し進めるのは難しいのが実情です。

そうなるとやはりデザインの面で他社にはないものをアピールして行く必要があるのです。自社が主張したい内容や商品のコンセプトなどをうまく盛り込んだデザインだと魅力的に見えます。

それだけでなく、ハンカチがブランディングのツールとして機能することも期待できます。フォーマットを利用する場合でも、どこかの工程でオリジナルの要素を入れましょう。