• Home
  • Archive by category "風呂敷の使い方"

風呂敷を使えばいろいろなものを包める

海洋汚染に対応するためにレジ袋が有料化されました。
多くの人がエコバッグに切り替えていますが、買い物したものによって、適切な大きさになっているわけではありません。

多くの種類を使っていると、使えなくなった時にゴミになるものが増えて、本末転倒です。
日本古来の風呂敷を使うと、対象の物の形に合わせて包み方を変えられるので便利です。

風呂敷を一枚用意しておけば、いろいろな形に対応できるのでとても便利です。
ゴミを減らすと言う意味でもエコ活動になるでしょう。

例えばビンやペットボトルでもしっかりと包んで、縦のまま持ち運ぶことが可能です。
包む場所を二つに分ければ、一緒にしたくないものを分けて持ち運ぶことができます。

アレンジ自在

中のものが無くなったら、一枚の布に戻すことができるのでかさばりません。

立てたままにしておきたいものならば手持ちの部分を作ることで、傾きにも対応できるので安心です。
使用方法は無数にあるので、いろいろと工夫することも楽しみの一つです。

古くから使われているものなので、すでに多くの利用方法があるので、調べてみるのも良いでしょう。
汚れてしまったら洗濯できるので、環境に優しいツールと言えます。

風呂敷を買い物袋に活用

出かける時には、どんなものを入れなければいけないか予想することができません。
衝動で買ってしまうものや、予期していなかった頂き物などもあるでしょう。

そんなことを気にして大きなエコバッグを持ち運ぶのは、面倒です。
しかし風呂敷であれば、そんな心配はありません。

風呂敷なら物の大きさに合わせて包み方を変えることもできます。
全てを包む必要もなく、手持ちとして使うことも可能です。

使い方が決まっていないので、自由に対応することが可能です。
これならば出先で足りなくなったからと言って、レジ袋をもらうようなことを減らすことができます。

エコバッグ不要

結果的に環境に優しいこととなり、立派なエコ活動と言えます。

使われている素材による懸念事項もあります。レジ袋もエコバッグも樹脂でできていると、使わなくなった時に海洋汚染につながるゴミとなってしまいます。

風呂敷であれば、繰り返し使うことができるのと、耐久性も高いので長い間使うことができます。
布製だからこそ、補修して使うこともできるのがとても便利です。

今までなかなか使われることがありませんでしたが、これから注目されることは間違い無いでしょう。
温故知新の考えで使い始めてみてはいかがでしょうか。

布でできているフロシキを使おう

布でできているフロシキなら、エコバッグともレジ袋とも違いますし、大変地球にやさしいと言えます。

エコバッグもレジ袋も石油から作られています。今ではプラスチックを減らそうと言う動きがあるためにレジ袋を削減しているので、布で作られているフロシキはこれからの時代にとても役に立つのではないでしょうか。

きちんと処理すれば良いとは言え、私たちの身の回りにはすでに多くのプラスチックで溢れています。これを処理しようとするととても量が多いために、処分が間に合いません。

処分できなかった分のゴミは海に流れて細かく砕かれて、海の生き物が食べてしまうこともあります。このようなことが増えていることもあって、レジ袋が有料化されました。

そう考えるとエコバッグも良いですが、より環境のことを考えるべきではないでしょうか。

布であれば石油から作られているわけではありません。
地球の環境に優しいエコな素材でできています。

フロシキは日本に昔からある伝統的なものですし、日本人であれば1枚は持っておいても良いのかもしれません。

フロシキを持つ

最近のフロシキは大変カラフルで美しいデザインも多く、
エコでもあるのでレジ袋の代わりに使い始めてみてはいかがでしょうか。

地球の環境のためを考える

世界を見渡してみても、海洋の汚染問題は多く取り上げられているようです。
海だけではなく、山もそうですが、ゴミがとても多いために環境汚染が深刻な場所も少なくありません。

日本の中にもそう言う場所がありますし、少しでも環境改善するためにも
これ以上環境を汚さないための動き方の一つとして、フロシキを活用した方が良いでしょう。

レジ袋は便利ですが、ゴミ袋にしやすいためにゴミを増やすことになります。
エコバッグも良いですが、石油製品だと思うとより環境に優しいフロシキを使いたくなるはずです。

環境への配慮

意外と石油製品が身の回りに多く、エコバッグもその一つですが
そのことに気がついていない人がとても多いです。

エコバッグは洗って繰り返し使うこともできますが、処分する時に環境汚染に繋がるかもしれません。

布でできたフロシキであれば、環境にもやさしいので安心して使うことができます。
ちょっと結ぶだけで簡単にオリジナルのエコバッグにできますし、
持ち歩く時もかさばらないのでとても良いかもしれません。

小さい鞄であっても小さくたためますから邪魔にならなくて済みます。デザインも豊富ですし、とてもおしゃれなのでこれからはエコバッグではなくフロシキを持ち歩くのもお勧めです。

使い勝手のよさを考慮して製作を

スーパーで買い物したときに重宝するのがデザイン風呂敷です。
自分で製作すれば費用を抑えられますし、好きなデザインにできるメリットがあります。

年齢や性別・趣味などに合わせて製作するのがおすすめで、
洗えば繰り返し使えるのもメリットです。

自分で洗うのが難しい場合は、クリーニング店にお願いするのがいいでしょう。

デザイン風呂敷は生地がゴワゴワして使いにくいと思うかもしれませんが、
これは種類によってまったく違ってきます。

風呂敷の素材の違い

ふわふわした感触の生地もありますので、使い勝手やお好みにより
自由に選ぶことができます。

デザイン風呂敷で包んでおくことで直射日光を避けられますので、
商品の劣化も抑えられるでしょう。

直射日光を避けて高温多湿で保存するように記載がある商品は多いはずです。

特に食品は直射日光の影響を受けやすいので、それを防ぐためにも
デザイン風呂敷で包んでおきましょう。

表面温度が上昇するのを避けられるので、品質保存の観点からも
優れているのです。

大きめのデザイン風呂敷を用意すれば、大量の買い物をしても対応できるはずです。

日常の買い物の量に合わせたサイズ、そして持ちやすさ・
運びやすさを考慮して選んでください。

地球環境を守るためにも役立つ

スーパーのレジ袋の有料化により、自分で買い物袋を用意する方が増えてきました。

そのつどレジ袋をもらっていると費用がかかりますし、
地球環境を保全する意味でも好ましくないわけです。

レジ袋が増えてしまうほど単純にゴミが増える可能性が高いですし、
海洋生物への影響、地球温暖化の促進などの問題点も浮上してきます。

レジ袋を有料にすれば節約意識が働いて、自分で買い物袋を用意する人が
増えるという予測からレジ袋が廃止されたわけです。

ふろしきは買い物袋の代用として使用でき、より多くの荷物を
運べるというメリットがあります。

買い物と風呂敷

また買い物袋と違って、中身を覗かれにくいのも特徴です。
ふろしきと言えばお中元・お歳暮のとき使用するものだと
思うかもしれませんが、日常的にも役立つアイテムです。

既製品を購入するのもよいですが、生地を購入してきて
自作する方法もあります。

自作のメリットは自分が使いやすいように調整できることです。
こまめに買い物に行くならばサイズは小さくても問題ありませんが、
週に1回などと回数を制限しているなら大型サイズが必要になります。

用途に合わせて使い分けができるので、買い物袋よりも便利という声は少なくありません。

現代だって大活躍!風呂敷の使い方

風呂敷と聞いて最初に思い浮かべるものは何でしょうか。

時間を操作できる不思議道具や、時代劇をイメージされた方も
いらっしゃるかもしれません。

しかし正方形な一枚布という単純な形をしていながら、様々な
能力を秘めたアイテムなのです。

単純に「包む」ということだけでも、例えば箱なら正方形でも
長方形でも、その他独特な形でも対応ができます。

包み紙ではその一回しか使えないのに対し、何度も使えるので
とてもエコです。

ボトル

瓶包みという名前の包み方では、その名の通り瓶を包んで
持ち運ぶことができます。

ちょっとしたホームパーティーに、季節の柄の風呂敷で
ワインボトルを包んで手土産としたら、ちょっとお洒落な
使い方かもしれません。

また昨今、レジ袋が有料となったスーパーも多いでしょう。
そんな時、風呂敷で作ったバッグが役に立ちます。

バッグになる

風呂敷で作ったバッグのいいところは、なんと言っても包む物の
大きさや形に合わせ、その形を変えることができる点です。

大きすぎて入らない、ということが無く、利便性に富んだ
アイテムとなるでしょう。

バッグ自体も口が開いたものだけでなく、キュとしぼまった
デザインなど、貴重品を入れる用途にも十分使うことができます。

浴衣や着物が見直されてきている時代です。服装に合わせて
風呂敷バッグを選択するのも、ひとつ粋なやり方です。

そもそもの由来に立ち返った使い方も素敵です。

もともとは、日本のお風呂が蒸し風呂であった時代に、
熱い床に直接肌が触れないように置いた布であったそうです。

既に室町時代にはその布で、他人の荷物と区別するために
衣服を包んだ、という記録が残っています。

温泉を訪れた際に、着替えを包んで持っていくなどしても
良いでしょう。

風呂敷はまるで折り紙のように、使い方次第で様々な状況に
対応できる、万能な道具となり得ます。

古いもの、使い道のないものと断じてしまうのはもったいないです。
先人からの知恵を取り入れ、日常生活をより豊かにしましょう。

巻き込み|長いものを風呂敷で包む

長いものや筒状のものを包むときに便利なのが巻き込み包みです。
包み方もくるくると巻いていくだけで簡単なのでぜひ覚えておきましょう。

風呂敷のサイズは包むものによって選んでください。
まずは風呂敷の中央に包みたいものを対角線に寝かせて置きます。

手前の端を奥の端に重ねて、包むものと一緒にくるくる巻いていきましょう。
棒状になったら左右の端を真ん中で交差させます。

しっかりと引っ張りながら裏側に回し、真結びをして完成です。

真結びは結び目が横になる結び方で、使っている時は
解けにくくほどきたい時には手軽に解ける結び方です。

包み方と一緒に覚えておくとよいでしょう。
角ばっていなくてもきれいに巻くことができるのが特徴の包み方になります。

結び目は一つだけなので、たくさんのものを包むときは不安定になりがちです。

包む

複数の長いものを包みたい時は竿包みが便利です。
巻き込み包みと同じように包みたいものを風呂敷の中央に置き、
手前と奥の端同士を上部で交差させます。

左右に引っ張り、左側に引っ張った端は残った左端とともに
根元部分で交差させ表に返して真結びをします。

右側も右端と同様に結んで完成です。
上下に結び目ができるのでしっかりと複数のアイテムを包むことができます。

持ち運びに

ごちゃごちゃしがちなものや持ち運びしにくいものなども
風呂敷を使うことでスマートにまとめることができます。

その日の気分や装いで自由に色合いや素材を選べるのも魅力のひとつです。

四つ結び|箱などを風呂敷で包む

最近はエコロジーを意識してお店でエコバックを持参する方も
増えてきました。

エコバックももちろん用途として利用価値が高いのですが、
日本には古来より使われてきた風呂敷という便利なアイテムがあります。

日常使いはもちろんのこと、目上の方へ贈り物をお届けする際や
改まった場では紙袋などではなく、きちんと風呂敷に包んで
お渡しするのが今でもマナーです。

贈り物

種類も豊富で、使用する時の場面で色や柄などは
使い分ける必要がありますが、自分好みの
1枚を持っておくと重宝します。

お祝いごとのお届け物の際には、赤系の色を使用するのがマナーです。

特に上司の方のお宅に呼ばれた際には手ぶらでお伺いすることは
タブーですので、何か気の利いた物をお持ちする必要があります。

マナー

紙袋で購入したものをそのままお渡しするような不躾なことはせずに、
必ず風呂敷などで包んで持って行くようにしましょう。

普段使い慣れていないといざ包むときにどのようにすれば
良いか分からないという方も最近では少なくありません。

一番オードソックスな包み方は四つ結びです。
その名の通り、包みたい物を風呂敷の真ん中において
まずは上と下の2点を持って真結びにし、最後に
左右の2点を持って真結びにするだけで綺麗に包むことが出来ます。

結び目も綺麗に見える上に、この結び方は特に重い物を
持ち運ぶ時に適しています。

しっかりと真結びを2回行うことでほどけにくく、安定して
大切な荷物を持ち運ぶことが出来ます。

かくし包み|箱などを風呂敷で包む

風呂敷で箱型のものを包むとき、最もポピュラーな包み方は
お弁当箱を包むときのような形である「おつかい包み」です。

それをアレンジした「かくし包み」は、箱の上にある
結び目を隠した包み方。

包む物の中身が重くて、結びめを作らない「平包み」では
包みにくい場合や、持ち運びが難しい場合でも安全に包めます。

そのうえ、平包みのような上品さを加えることができるため、
使い勝手のよい包み方です。

箱型のもの

風呂敷を使って、かくし包みで箱を包むには、まず、
ひとつの角が手前に来るように風呂敷を斜めに広げます。

そして、その中央に箱を置きます。
一番手前の角を持ち、箱の上にかぶせるようにして包み始めます。

次に反対側の角を手前に向かってかぶせます。
この部分は後で引き出し、結び目を隠すようになります。

上下が包み終えたら、次に左右の角を結んでいきます。
右手側にある角を左方向にかぶせ、左手側にある角を
下から上に持ち上げその下をくぐらせます。

上下にキュッとひいてしっかり締めます。
この状態では、上下に角がありますが、今度はこれが
綺麗に横になるように結び目を作ります。

風呂敷

下にある角を右方向に曲げ、上の角を真っ直ぐ下に下ろします。

そして下方向の角の下にくぐらせそれぞれの角を
左右に引っ張ります。

最後に、風呂敷の結び目の下にある上がわの角を
引き出して、上にかぶせます。

端を下に巻き込むようにすれば完成です。
箱型の物をしっかりと包め、安心して持ち運びできるでしょう。

おつかい包み|箱などを風呂敷で包む

日本文化が世界から注目されている昨今、和食だけではなく
廃れつつある伝統の品も見直されています。

そのひとつが風呂敷で、一枚の四角い布というシンプルな
ものでありながら、使い方はバリエーションが広くさまざまな
アレンジが可能です。

伝統文化

変幻自在といってもよく、使い方を知っておくと
日常生活の中で役立ってくれます。

風呂敷の特性は相手に合わせられるというところで、
包むことに長けているのがポイントです。

例えば日本酒やワインのボトルというのは細長く、
適したバッグを見つけるのは大変かもしれません。

他にもスイカなど大きく丸いものなども包み込めて、
それぞれ固有の包み方があるので覚えておくと役立ちます。

基本としては「おつかい包み」があり、練習方法として
四角い箱で試すと分かりやすいです。

まず包むものを布地の中心に置き、手前をかけて
箱の下に折り込みます。

奥の布の端をかぶせて、余った部分は下に折り込んでください。

左右を中央で真結びして完成です。
これは基本となる包み方で、覚えておくと荷物が
多くなった時などに役立ちます。

たためる

風呂敷は畳んでしまえば場所をとりませんので、
バッグなどに入れておくといざという時に使えて便利です。

急な買い物で荷物が増えてしまった時など、ビニール袋や紙袋を
そのまま持ち歩くよりも、包んだ方が持ちやすく負担が少なくなります。

見た目にもおしゃれ感があり、服装とコーディネートもしやすいので
包み方を覚えて活用してください。

平包み|箱などを風呂敷で包む

近年では、その便利さやエコの観点から風呂敷が人気に
なってきています。

ビニール袋や紙袋と違って何度でも使えることができ、
かさばらないなどののメリットがあるためです。

日本古来から使われている風呂敷は、唐草模様などの
古典的な柄から、季節の花や景色、現代的なデザインなど
様々な柄を選ぶことができるのも人気の理由になります。

そんな風呂敷には様々な包み方がありますが、
箱を包む包み方の基本となるのが「平包み」です。

風呂敷の模様にも実は意味がある!?

結び目のないスタイルで、一番シンプルですが一番格の高い
包み方のためあらたまった日の贈り物などにオススメです。

子供でもできる簡単な包む方法で、余計なシワを入ることが
なく、慶弔どちらにも使うことができ、ある程度内容物の
大きさに合わせて包むことができます。

また、解きやすいというメリットもあります。
やり方としては、まず主柄を奥にして裏返しに広げたら
包む物を中央に置きます。

次に奥の端をかけて柄の見え方を確認したら、
包む物の位置を微調整します。

奥の端を一度戻したら、手前の端を包む物の下に折り込みます。

左端をかけ、角の重なりを整えながら右端をかけ、
奥の端をかけます。

中身の幅に合わせて調節して、先端を下に巻き込んだら完成です。
簡単にできる平包みですが、特に贈答品を包むのに
オススメとなります。

結納に

結納や結婚などの贈り物にはこの包を使うことが一般的です。

結ばないため「いつまでも解けないご縁を」という意味合いが
込められています。