• Home
  • Archive by category "風呂敷の使い方"

風呂敷をどう使う?アレンジを多彩に楽しめる

風呂敷の一番基本の使い方は、やっぱりものを包むということ。包んだり、くるんだりして、何かを運ぶのが風呂敷の一番の役目。そんなところから、結び方をアレンジして、バックのようにして使うのがおすすめです。

大きなサイズなら、荷物もたっぷり入るので、買い物バックとしてや、夏ならビーチバックにしても素敵です。

旅行先に折りたたんで持っていき、荷物が増えた時のサブバックとしても便利です。ふろしきは旅先では特に出番が多いです。着替えや下着をふろしきでつつんだり。洗濯ものを包んで帰ってきたりできます。

スーツケースの中に風呂敷

また、スーツケースやかばんの中でも使います。荷物が増えた時のサブバックにももちろん代用できます。お土産がいっつもモリモリになった時にも便利です。大判の風呂敷は特に大体のものが包めてしまうので有効です。

旅行でお土産を購入するのは女性の方が多い

旅行中に最も楽しいのは、お土産を選ぶ時だと感じている人が多いようです。特に、女性でお土産を購入するのが楽しいと感じる人が多いということは察しがつくのではないでしょうか。

2017年7月に行われたインターネット調査によると、実際に旅行や出張先でお土産を購入する全体の人数を1割とするとその中で必ず買うという人が58.8%になるといいます。驚くべきことでもないのかもしれませんが、その中でも女性で必ず買うという人は70.0%もいるということです。女性のほうが周囲への気配りをする傾向にあるといえそうです。

20代の若い女性にそのような心配りをする人が多いと読み取れます。このお土産選びというのは、購入する本人の購入意欲を満たせるということもありそうです。自分のために購入するのは贅沢な気がするけれど、差し上げる物として購入するならOKだろうという心境が根底に潜んでいると考えてもよいかもしれません。

さらに、現地でしか手に入りにくい物を現地で購入するというのはこれだけネットが普及し、どこにいても何でも買えるようになった時代には逆に新鮮な行為です。ささやかであっても人間関係を円滑にできるのであればお土産はなかなか意味のあるものになりそうです。

大判の風呂敷の様々な使い道

エコバック

敷物として使ったり、日よけにしたり。普段の買い物でも1枚バックに入れておいて、エコバックとして使えます。

洋服など、かさばりそうという時は少し大きめサイズを使ったり、普段なら2巾ぐらいの一般的なサイズで間に合います。かさばらないだけじゃなく、風呂敷なら値段もバックに比べるとお手軽にお使いいただけます。

季節やその日の洋服に合わせて使う風呂敷を変えています。夏の今なら、ぜひ波の模様や金魚の模様の夏らしい風呂敷を選ぶのも楽しみの一つです。

夏のゆかたには、小さなサイズをアレンジしたバックも素敵で、ファッションの一部として、フレキシブルなおしゃれを楽しめます。

なぜ風呂敷が流行したのか

現代ではあまり見かけなくなった風呂敷ですが、これは日本の伝統的な商品の1つと言っても良いかもしれません。昔はふろしきが頻繁に使われており、多くの人が持っていたわけです。

古風な風呂敷

 

男性や女性など性別にかかわらず利用されていたこともあり、誰もが一家に1台はあるだけでなく1つの家に3から4つぐらいあるケースも少なくなかったわけです。

なぜこのようなことが起こるうると言えば、やはり物のない時代の中で工夫をしたと言うのも1つあります。

それだけでなく、再利用できることも人々が使い続けた理由かもしれません。ある程度の重さまで耐えられると言うことに越えて、何度も利用できると言うのは人々にとっての安心の素材だったわけです。

例えば1つの洋服でも1回着用して捨てる人がおらず何度も使うことができることにより、精神的な安定を得ることができます。毎回違う洋服を着なければいけないとすれば、結構精神的な負担が大きくなる事は間違いないです。

つまりそれだけ、日常生活になじみやすい素材を使っており、そして違和感がなく使えたことも魅力の1つとして長く使われてきました。これらの魅力は、京都の環境マスコットのエコちゃんを通じて知ることができます。なかなか全国的に発信していないのが残念ですが、多くの人が知るきっかけになればふろしきの将来性も変わってくるでしょう。

ふろしきをより流行させるためには

京都の環境マスコットのエコちゃんががんばって紹介しているふろしきの魅力ですが、ペットボトルから作られたエコイストふろしきが特徴の1つになります。

ただ、これが積極1つの購買理由になるかと言えば若干弱いものがあります。あなたの使っているあるいはこれから購入する商品が環境に優しいからと言え、もちろん環境に優しいものを利用したいと言う人もいるかもしれませんが、それだけで購入するのは若干弱い感じがします。

それよりも、流行させるためにはやはりお店などに販売されているもののデザイン性と言うものは重視されなければいけません。日本特有の柄なども大事かもしれませんが、もし若い人が使うとすれば、やはり最近の流行の柄などが必要でしょう。

例えば、オリジナルのものをプリントできるものがあるとすれば、それだけでふろしきが一気に広まる可能性があるかもしれません。

現代風の風呂敷

後は、使い方も工夫する必要があります。昔のように、何かちょっとしたものを入れるだけでなく、なんとなくファッションとして使う方法もあります。名前自体も風呂敷ではなく、もっと別の名前にしてみても良いでしょう。つまりふろしきと言う商品自体が時代を超えて、途絶えることがなければそれで良いといえます。

風呂敷は本当に役に立たないのか

世の中のニュースの中で、ペットボトルが風呂敷にと言う話題を聞いたことがある人もいるかもしれません。

この風呂敷と言うのは、いろいろなところで使われているわけですが、ただ昔に比べるとやはり利用の数が減っています。昔は、都会に住んでいる人だけでなく田舎に住んでいる人でも比較的、お礼を利用する人が多かったわけです。しかし時代の流れとともに、だんだんと利用する人が減少してきました。

もう少し厳密に言えば、明治時代や大正時代に生まれた人が既にできていないかできていたとしても、買い物をするような年齢ではなくなってきたわけです。うまく次の世代につながっていけばよかったのですが、次の世代の人たちは戦後の影響を強く受けており、ものを持ち運ぶ時はバッグやカバンなどを利用する傾向があったといえます。

そこで、あえてこのような素晴らしい伝統文化を継承するべく次の世代につなげようとする働きが京都市公式の場所でも浸透してきている傾向があるわけです。

やはり、京都市と言うのは歴史がありますので、このような流れを作る事は非常に重要と言っても良いでしょう。もちろんそう簡単にことができるわけではなく、やはり時間がかかるものと考えて間違いありません。それでも時間を10分にかけながら、これをうまく実現するべく現在活動中と言えるわけです。

京都市公式キャラクターが意味するもの

風呂敷と言うのは、時代遅れのような感覚になっている人もいますが、見方次第では必ずしもこれが時代遅れと言うのは甚だ見当違いと言っても良いでしょう。確かに昔からあるものですが、昔から利用されているものでも現在なお利用されているものがあるわけです。

素晴らしい伝統文化を継承する

例えば雨が降ったときに傘をさすわけですが、時代とともに傘をささなくなったと言う事はないでしょう。依然としてやはり傘をさす人が多いわけです。ただその一方で、形が変わってしまったものも少なくないわけです。

ふろしきがどちらに該当するかと言えばやはり後者のほうに該当すると言わざるをえません。ですが、あえてここに注目をしておきたいのは、何かとエコロジーな一面があることでしょう。

あまり知られていませんが、実はペットボトルを風呂敷にすると言うことも可能なわけです。これを積極的に宣伝しているわけですが、そのうちの1つが京都市公式キャラクターのエコちゃんになります。これを積極的に宣伝することにより、多くの人にこれが伝わり再びその良さを知ることができるかもしれません。こういった日本の伝統文化も、とても重要になります。

多くの人に喜んでもらえるアイテム

喜ばれるノベルティを用意しようとして苦労している事業者は少なくありません。印象に残りやすいものを残したいと考えるあまり、置き場所に困るようなグッズを提供してしまうケースもよく見受けられます。受け取った人は最初は喜んでも、次第に邪魔だと感じて処分してしまうことが一般的です。

それが企業や商品に対する悪いイメージにまで結びついてしまう可能性があります。そういったリスクを避けたいなら、ある程度は実用性があるものを準備する必要があるでしょう。

そこで問題になるのが人によって使用するアイテムは異なるという点です。この点を理解したうえで、できるだけ万人にとって利便性が高いものを用意するのが理想といえます。

そういう意味ではまさにハンカチは候補の筆頭にあげても構わないアイテムです。現代の日常生活に
おいて、ハンカチは必要不可欠と言っても構わないものだからです。

極端に使いづらいデザインものでなければ、使ってもらえないリスクは大きくありません。利便性が
高いと感じた人は、企業や商品にも好印象を抱きやすくなります。ハンカチは製造コストが高くないので、経費を削減したいという事業主の要望にも合致するでしょう。

喜ばれるノベルティ

オリジナリティを持たせて差別化

ハンカチがノベルティに適しているのは前述の通りですが、一つだけ制作時に注意しなければならない点が存在します。それは汎用的なアイテムであるがゆえに、独創性を持たせにくいということです。

つまり、どのような事業者が用意したとしても、何かしら似ているようなデザインになりがちなケースがよくあります。そうなるとせっかくプレゼントとして贈ったとしても、他社との差別化が難しくなるので警戒が必要です。言い換えると、オリジナルの要素を持たせることが必須の条件になってきます。

オリジナルハンカチ

オリジナルのハンカチを生み出す手段はいくつもありますが、やはりポイントになるのはデザイン性の高さでしょう。もちろん素材の選び方なども重要ですが、基本的に数種類しかないのでこの点で差別化を推し進めるのは難しいのが実情です。

そうなるとやはりデザインの面で他社にはないものをアピールして行く必要があるのです。自社が主張したい内容や商品のコンセプトなどをうまく盛り込んだデザインだと魅力的に見えます。

それだけでなく、ハンカチがブランディングのツールとして機能することも期待できます。フォーマットを利用する場合でも、どこかの工程でオリジナルの要素を入れましょう。

地球の環境を考えるための日

環境問題のことを考える日として注目されているのがエコの日です。
毎年2月16日がエコの日ということで定着していますが、
この日が選ばれたのは、京都議定書が発効した日だからです。

京都議定書は地球温暖化防止会議で採択された条約で、気候変動の枠組みに関する条約です。

こうした議定書が採択されたことにより、環境問題の改善に向けて
一歩前進したことから、この日がエコの日として祝われるようになりました。

環境問題に取り組んでいる自治体は多く、島根県の江津市の2007年における
二酸化炭素排出量は348488t-CO2で、ここから森林に吸収量である
44243t-CO2を差し引いた量が実際の排出量であることが調査されています。

一般の人の中にも環境問題に関心のある人は増えていて、エコのために
風呂敷を使用している人もいます。環境問題のために風呂敷を使用することができるのは、
風呂敷には環境に優しい数多くのメリットがあるからです。

風呂敷で環境保護

さまざまなデザインの商品が販売されているので、好みのデザインのものを選んで
環境のために使用できるメリットがあります。

エコバッグの代わりにも使用できる環境に優しいアイテムです。

エコバッグよりも使いやすい風呂敷

環境会議が開催された京都でも環境のために風呂敷を持ち歩くことができます。
風呂敷を使用することのい大きなメリットとしてあげられるのは、ビニール袋を使わなくても買い物ができることです。

買い物のたびにビニール袋を購入した場合、使用される袋の数も多くなり、
毎日買い物でビニール袋を使用していた場合、使用済みの袋がたくさんたまってしまいます。

こうした使用済みの袋は燃えないゴミの日に出されるのが一般的で、
多くの家庭から大量のビニール袋が捨てられれば環境にも大きな影響を与えます。

ビニール袋を燃やすことで環境に悪い影響を与えるのは、大気中の二酸化炭素の量が増えてしまうからです。

ゴミなどが燃えた時に二酸化炭素が一緒に発生しますが、二酸化炭素は
大気中の熱を閉じ込めてしまう性質があるために、地球温暖化の大きな原因となっています。

風呂敷を使用した買い物をすることで、こうした二酸化炭素の影響を
おさえることができるのが大きなメリットになっていて、
エコバッグよりも使いやすいのがメリットです。

風呂敷は、スーパーなどで買い物をする時にも便利なアイテムで、
買い物かごの中にあらかじめ敷いておけば、荷物を詰め替えなくても
そのまま風呂敷で包むことができます。

日常で風呂敷を活用する

京都風呂敷どっとこむではオリジナル風呂敷が作れる

京都風呂敷どっとこむでは、様々な風呂敷を販売しています。
既製品はとてもこだわったデザインの物が多く、所有欲を満たしてくれます。

また、こちらでは自分でデザインした風呂敷をオリジナル製作してもらうことも可能です。
確かにすでに作られている物も良いですが、自分でデザインした物も世界に一つだけの風呂敷となるので満足できます。

自分でデザインした風呂敷

特に難しいことは必要なく、簡単に注文できるのが良いところです。
注文して決済をすると、郵送で専用用紙が送られてきますが、
そちらに描いて送り返すだけで完了です。

プレゼントとしても道場利用としても、幅広く活用できます。
生地も二種類から選ぶことができるので、用途に合わせて選ぶのがおすすめです。

光沢のあるしなやかな触り心地が良いのであれば、エステルシャンタンが良いでしょう。
ちりめんを模したしぼがあるタイプが良いのであれば、メロンアムンゼンが丁度よいです。

いずれも材質はポリエステルですが、加工の仕方によって差が生じています。
ポリエステルなので耐久性もあり、繰り返し洗濯をしても使うことができるので、
長く愛用することが可能です。

ぜひ、風呂敷のオリジナル製作をしてもらいたいなら活用しましょう。風呂敷の包み方はこちらを参考に

小さい子でもデザインが作れる

こちらでオリジナルで作ってもらうことは簡単なので、
子供の絵を風呂敷にすることも可能です。

子供のイラストを風呂敷に

実際にサイトでも、風呂敷作家になる体験をした作品を掲載していますが、
手描きイラストがそのまま風呂敷になっていることがわかります。

パソコンでデータを入稿するタイプであれば、その環境がない人は
作れませんし、そうした作業は子供にはできません。

しかし、手描きなら普通に絵を描く作業と変わることがないので、
オリジナルを作ることができます。

値段もさほど高くはなく、11,000円からとなっています。
確かに普通に購入するのと比べれば高めではありますが、
オリジナルを作るという体験をすることができることを考えれば、
十分リーズナブルな料金設定になっていると言えます。

原画のアイデアには制限がないので、創意工夫をすることができます。

世界に一枚だけの風呂敷を手に入れられれば、
長く大切に使うことができますし、思い出としても記憶に残るはずです。

最近はビニール袋は有料になりましたし、今後もエコの流れが続くことが考えられます。
風呂敷は繰り返し使えてまさにエコナグッズで、バッグ代わりにもできるなど
様々な使い方ができるので、おすすめです。

風呂敷を使えばいろいろなものを包める

海洋汚染に対応するためにレジ袋が有料化されました。
多くの人がエコバッグに切り替えていますが、買い物したものによって、適切な大きさになっているわけではありません。

多くの種類を使っていると、使えなくなった時にゴミになるものが増えて、本末転倒です。
日本古来の風呂敷を使うと、対象の物の形に合わせて包み方を変えられるので便利です。

風呂敷を一枚用意しておけば、いろいろな形に対応できるのでとても便利です。
ゴミを減らすと言う意味でもエコ活動になるでしょう。

例えばビンやペットボトルでもしっかりと包んで、縦のまま持ち運ぶことが可能です。
包む場所を二つに分ければ、一緒にしたくないものを分けて持ち運ぶことができます。

アレンジ自在

中のものが無くなったら、一枚の布に戻すことができるのでかさばりません。

立てたままにしておきたいものならば手持ちの部分を作ることで、傾きにも対応できるので安心です。
使用方法は無数にあるので、いろいろと工夫することも楽しみの一つです。

古くから使われているものなので、すでに多くの利用方法があるので、調べてみるのも良いでしょう。
汚れてしまったら洗濯できるので、環境に優しいツールと言えます。

風呂敷を買い物袋に活用

出かける時には、どんなものを入れなければいけないか予想することができません。
衝動で買ってしまうものや、予期していなかった頂き物などもあるでしょう。

そんなことを気にして大きなエコバッグを持ち運ぶのは、面倒です。
しかし風呂敷であれば、そんな心配はありません。

風呂敷なら物の大きさに合わせて包み方を変えることもできます。
全てを包む必要もなく、手持ちとして使うことも可能です。

使い方が決まっていないので、自由に対応することが可能です。
これならば出先で足りなくなったからと言って、レジ袋をもらうようなことを減らすことができます。

エコバッグ不要

結果的に環境に優しいこととなり、立派なエコ活動と言えます。

使われている素材による懸念事項もあります。レジ袋もエコバッグも樹脂でできていると、使わなくなった時に海洋汚染につながるゴミとなってしまいます。

風呂敷であれば、繰り返し使うことができるのと、耐久性も高いので長い間使うことができます。
布製だからこそ、補修して使うこともできるのがとても便利です。

今までなかなか使われることがありませんでしたが、これから注目されることは間違い無いでしょう。
温故知新の考えで使い始めてみてはいかがでしょうか。

布でできているフロシキを使おう

布でできているフロシキなら、エコバッグともレジ袋とも違いますし、大変地球にやさしいと言えます。

エコバッグもレジ袋も石油から作られています。今ではプラスチックを減らそうと言う動きがあるためにレジ袋を削減しているので、布で作られているフロシキはこれからの時代にとても役に立つのではないでしょうか。

きちんと処理すれば良いとは言え、私たちの身の回りにはすでに多くのプラスチックで溢れています。これを処理しようとするととても量が多いために、処分が間に合いません。

処分できなかった分のゴミは海に流れて細かく砕かれて、海の生き物が食べてしまうこともあります。このようなことが増えていることもあって、レジ袋が有料化されました。

そう考えるとエコバッグも良いですが、より環境のことを考えるべきではないでしょうか。

布であれば石油から作られているわけではありません。
地球の環境に優しいエコな素材でできています。

フロシキは日本に昔からある伝統的なものですし、日本人であれば1枚は持っておいても良いのかもしれません。

フロシキを持つ

最近のフロシキは大変カラフルで美しいデザインも多く、
エコでもあるのでレジ袋の代わりに使い始めてみてはいかがでしょうか。

地球の環境のためを考える

世界を見渡してみても、海洋の汚染問題は多く取り上げられているようです。
海だけではなく、山もそうですが、ゴミがとても多いために環境汚染が深刻な場所も少なくありません。

日本の中にもそう言う場所がありますし、少しでも環境改善するためにも
これ以上環境を汚さないための動き方の一つとして、フロシキを活用した方が良いでしょう。

レジ袋は便利ですが、ゴミ袋にしやすいためにゴミを増やすことになります。
エコバッグも良いですが、石油製品だと思うとより環境に優しいフロシキを使いたくなるはずです。

環境への配慮

意外と石油製品が身の回りに多く、エコバッグもその一つですが
そのことに気がついていない人がとても多いです。

エコバッグは洗って繰り返し使うこともできますが、処分する時に環境汚染に繋がるかもしれません。

布でできたフロシキであれば、環境にもやさしいので安心して使うことができます。
ちょっと結ぶだけで簡単にオリジナルのエコバッグにできますし、
持ち歩く時もかさばらないのでとても良いかもしれません。

小さい鞄であっても小さくたためますから邪魔にならなくて済みます。デザインも豊富ですし、とてもおしゃれなのでこれからはエコバッグではなくフロシキを持ち歩くのもお勧めです。

使い勝手のよさを考慮して製作を

スーパーで買い物したときに重宝するのがデザイン風呂敷です。
自分で製作すれば費用を抑えられますし、好きなデザインにできるメリットがあります。

年齢や性別・趣味などに合わせて製作するのがおすすめで、
洗えば繰り返し使えるのもメリットです。

自分で洗うのが難しい場合は、クリーニング店にお願いするのがいいでしょう。

デザイン風呂敷は生地がゴワゴワして使いにくいと思うかもしれませんが、
これは種類によってまったく違ってきます。

風呂敷の素材の違い

ふわふわした感触の生地もありますので、使い勝手やお好みにより
自由に選ぶことができます。

デザイン風呂敷で包んでおくことで直射日光を避けられますので、
商品の劣化も抑えられるでしょう。

直射日光を避けて高温多湿で保存するように記載がある商品は多いはずです。

特に食品は直射日光の影響を受けやすいので、それを防ぐためにも
デザイン風呂敷で包んでおきましょう。

表面温度が上昇するのを避けられるので、品質保存の観点からも
優れているのです。

大きめのデザイン風呂敷を用意すれば、大量の買い物をしても対応できるはずです。

日常の買い物の量に合わせたサイズ、そして持ちやすさ・
運びやすさを考慮して選んでください。

地球環境を守るためにも役立つ

スーパーのレジ袋の有料化により、自分で買い物袋を用意する方が増えてきました。

そのつどレジ袋をもらっていると費用がかかりますし、
地球環境を保全する意味でも好ましくないわけです。

レジ袋が増えてしまうほど単純にゴミが増える可能性が高いですし、
海洋生物への影響、地球温暖化の促進などの問題点も浮上してきます。

レジ袋を有料にすれば節約意識が働いて、自分で買い物袋を用意する人が
増えるという予測からレジ袋が廃止されたわけです。

ふろしきは買い物袋の代用として使用でき、より多くの荷物を
運べるというメリットがあります。

買い物と風呂敷

また買い物袋と違って、中身を覗かれにくいのも特徴です。
ふろしきと言えばお中元・お歳暮のとき使用するものだと
思うかもしれませんが、日常的にも役立つアイテムです。

既製品を購入するのもよいですが、生地を購入してきて
自作する方法もあります。

自作のメリットは自分が使いやすいように調整できることです。
こまめに買い物に行くならばサイズは小さくても問題ありませんが、
週に1回などと回数を制限しているなら大型サイズが必要になります。

用途に合わせて使い分けができるので、買い物袋よりも便利という声は少なくありません。

現代だって大活躍!風呂敷の使い方

風呂敷と聞いて最初に思い浮かべるものは何でしょうか。

時間を操作できる不思議道具や、時代劇をイメージされた方も
いらっしゃるかもしれません。

しかし正方形な一枚布という単純な形をしていながら、様々な
能力を秘めたアイテムなのです。

単純に「包む」ということだけでも、例えば箱なら正方形でも
長方形でも、その他独特な形でも対応ができます。

包み紙ではその一回しか使えないのに対し、何度も使えるので
とてもエコです。

ボトル

瓶包みという名前の包み方では、その名の通り瓶を包んで
持ち運ぶことができます。

ちょっとしたホームパーティーに、季節の柄の風呂敷で
ワインボトルを包んで手土産としたら、ちょっとお洒落な
使い方かもしれません。

また昨今、レジ袋が有料となったスーパーも多いでしょう。
そんな時、風呂敷で作ったバッグが役に立ちます。

バッグになる

風呂敷で作ったバッグのいいところは、なんと言っても包む物の
大きさや形に合わせ、その形を変えることができる点です。

大きすぎて入らない、ということが無く、利便性に富んだ
アイテムとなるでしょう。

バッグ自体も口が開いたものだけでなく、キュとしぼまった
デザインなど、貴重品を入れる用途にも十分使うことができます。

浴衣や着物が見直されてきている時代です。服装に合わせて
風呂敷バッグを選択するのも、ひとつ粋なやり方です。

そもそもの由来に立ち返った使い方も素敵です。

もともとは、日本のお風呂が蒸し風呂であった時代に、
熱い床に直接肌が触れないように置いた布であったそうです。

既に室町時代にはその布で、他人の荷物と区別するために
衣服を包んだ、という記録が残っています。

温泉を訪れた際に、着替えを包んで持っていくなどしても
良いでしょう。

風呂敷はまるで折り紙のように、使い方次第で様々な状況に
対応できる、万能な道具となり得ます。

古いもの、使い道のないものと断じてしまうのはもったいないです。
先人からの知恵を取り入れ、日常生活をより豊かにしましょう。