• Home
  • タグ: 京都の環境マスコット

なぜ風呂敷が流行したのか

現代ではあまり見かけなくなった風呂敷ですが、これは日本の伝統的な商品の1つと言っても良いかもしれません。昔はふろしきが頻繁に使われており、多くの人が持っていたわけです。

古風な風呂敷

 

男性や女性など性別にかかわらず利用されていたこともあり、誰もが一家に1台はあるだけでなく1つの家に3から4つぐらいあるケースも少なくなかったわけです。

なぜこのようなことが起こるうると言えば、やはり物のない時代の中で工夫をしたと言うのも1つあります。

それだけでなく、再利用できることも人々が使い続けた理由かもしれません。ある程度の重さまで耐えられると言うことに越えて、何度も利用できると言うのは人々にとっての安心の素材だったわけです。

例えば1つの洋服でも1回着用して捨てる人がおらず何度も使うことができることにより、精神的な安定を得ることができます。毎回違う洋服を着なければいけないとすれば、結構精神的な負担が大きくなる事は間違いないです。

つまりそれだけ、日常生活になじみやすい素材を使っており、そして違和感がなく使えたことも魅力の1つとして長く使われてきました。これらの魅力は、京都の環境マスコットのエコちゃんを通じて知ることができます。なかなか全国的に発信していないのが残念ですが、多くの人が知るきっかけになればふろしきの将来性も変わってくるでしょう。

ふろしきをより流行させるためには

京都の環境マスコットのエコちゃんががんばって紹介しているふろしきの魅力ですが、ペットボトルから作られたエコイストふろしきが特徴の1つになります。

ただ、これが積極1つの購買理由になるかと言えば若干弱いものがあります。あなたの使っているあるいはこれから購入する商品が環境に優しいからと言え、もちろん環境に優しいものを利用したいと言う人もいるかもしれませんが、それだけで購入するのは若干弱い感じがします。

それよりも、流行させるためにはやはりお店などに販売されているもののデザイン性と言うものは重視されなければいけません。日本特有の柄なども大事かもしれませんが、もし若い人が使うとすれば、やはり最近の流行の柄などが必要でしょう。

例えば、オリジナルのものをプリントできるものがあるとすれば、それだけでふろしきが一気に広まる可能性があるかもしれません。

現代風の風呂敷

後は、使い方も工夫する必要があります。昔のように、何かちょっとしたものを入れるだけでなく、なんとなくファッションとして使う方法もあります。名前自体も風呂敷ではなく、もっと別の名前にしてみても良いでしょう。つまりふろしきと言う商品自体が時代を超えて、途絶えることがなければそれで良いといえます。